*

ホームヘルパー有資格者の種類と資格の内容

介護の資格には様々な種類があります。
社会福祉士や介護士の国家資格の他に、厚生労働省が認可するホームヘルパーの資格があります。
国家資格の様な試験はなく、厚生労働省認可のカリキュラムを修了すると資格が付与されるものです。
詳しく説明すると、ホームヘルパーには1級と2級があります。
ホームヘルパー有資格者となる為には、まず2級資格を取得しなければなりません。
厚生労働省が認可する学校のカリキュラムを修了すれば資格が付与されます。
1級の資格は2級取得後、介護職の実働期間が1年以上(複数の施設で働いた場合は、合算計算できます。)がないとカリキュラムを受講できません。
受講の際には就労証明書が必要となります。
ホームヘルパー有資格者でも資格の種類によって受講状況や労働内容も異なってきます。
高齢化社会が進む中、現在社会において重要視されている資格でもあります。
主婦資格コンシェル|再就職を目指す!就職に役立つおすすめ資格参考サイトはこちらです。



コメントする