銅管について

銅管とは、銅で出来た非鉄金管のことを言います。

主に、空気管や冷媒などの配管工事や電気工事に利用され、トイレでは床下給水式の和式トイレの給水管として地中に埋められています。

素材の長所としては、拡張力が高く、軽量です。

また、住宅用などに使われる銅管はステンレス管よりも安価でコストが低いのが特徴として挙げられます。

成分によって、その用途は異なり、医療用としても使用したりします。

たとえば、医療ガスによって色分けされた管をつくり、その管本体にはガスの名前が記入してあるので、配管の付け間違いを防げることができます。

これは、どの業者も作っているわけではなく、長年の銅管を扱う事によって開発された配管になります。

工事用から医療用まで幅広い使い方ができるのは、銅管の性質の柔軟性にあります。

それでいて、コストパフォーマンスが高く、非常に重宝されます。

安くて性能がいい銅管は安心性も兼ね備えていると言えるでしょう。